災害等に伴う、VPNサーバの開放について・令和2年7月豪雨に伴うVPNサーバ開放

NDN 管理者兼責任者の陸ステです。

NDN 自然災害防災ネットワークは、2020年7月12日より、当団体が別途定める「基準」に基づき、VPNサーバを開放させていただくことといたしました。
※当団体が別途定める基準に満たした場合は、順次VPNの開放を行います。

早速ではございますが、この度の令和2年7月豪雨に伴う、VPN開放についてお知らせいたします。

令和2年7月豪雨に伴い、災難された方、避難等をされた方へお見舞い申しあげます。
当団体は、以下のとおりVPNサーバを開放いたします。
00000JAPANや携帯電話事業者・その他が開放する公共Wi-Fiをご利用いただく際にご活用下さい。

VPNサーバーの情報

  • サーバー情報
    • サーバアドレス:vpn.ndnet.jp
      ※上記アドレスでご利用いただけない場合は、dvpn.d.rspnet.jpにてお試しください。
    • 接続方式:L2TP/IPsec
    • ユーザー名:vpn
    • パスワード:vpn
    • 事前共有キー:vpn
    • 開放期間:2020年7月5日~2020年7月末 (状況を元に延長を行うことがあります。)
      ※2020年7月5日~12日は、当団体ではないグループにて提供しておりました。 (詳細:https://t.co/PB7KYGTA5a)

接続方法について

主なOS、iOS・Androidは、詳細を記載しておりますが、他OSは別途ご確認ください。

iOSの方

iOSの「設定」を開いていただき、「一般」を開きます。
スクロールしていただき、「VPN」という項目がありますので、そちらをタップしてください。
タップしましたら、「VPN構成を追加…」とありますので、こちらをタップしてください。
タップいたしましたら、「タイプ」とある項目を選択し、「L2TP」に変更してください。
そして、「構成を追加」で戻ります。
そこで上記の情報を元に、追加してください。
以下例として挙げさせていただきます。

  • タイプL2TP
  • 説明(任意で指定可能):例:NDN 自然災害防災ネットワーク
  • サーバvpn.ndnet.jp
    ※上記アドレスでご利用いただけない場合は「dvpn.d.rspnet.jp」でお試しください。
  • アカウントvpn
  • RSA SecurlDオフ
  • パスワードvpn
  • シークレットvpn
  • すべての信号を送信オン

※パスワードとシークレットの部分は、伏せ文字となりますので、ご注意ください。

Androidの方

※本記事作成者は、Android端末を所有していないため、ネットの情報を元に記載させていただいております。一部異なっている可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
Androidの「設定」アプリを開いていただき、「無線とネットワーク」を開きます。
「詳細」が「VPN設定」をタップします。
「VPNを追加」をタップします。
「L2TP/IPsec PSK VPNを追加」を選び、設定情報を入力します。
※サーバアドレス等は、上記にある情報を元に追加してください。
「VPN設定」に画面を戻し、「クライアント名」を選択し、「ネットワークに接続」をし、ユーザー名・パスワードを上記にある情報を元に追加してください。
※今後のためにも、「アカウント情報を保存する」をおすすめいたします。

その他、OSの方

その他のOSの方は、恐れ入りますが以下をご参考の上、設定してください。

日本語:https://www.vpngate.net/ja/howto_l2tp.aspx
英語:https://www.vpngate.net/en/howto_l2tp.aspx

本件に関するお問い合わせ

VPNに関するお問い合わせは、以下までお願いいたします。

https://ndnet.jp/?page_id=40

VPNサーバの設備管理は、当団体管理兼責任者の陸ステが行っています。
VPNサーバーの設備管理者へのお問い合わせは以下メールアドレスまでお願いいたします。
rikusutep@adm.rspnet.jp